1933501_601878166637670_5119235776765680
12923098_601463683345785_623680159373582
PA290912-EFFECTS_edited.jpg

 

私達は安全なオーガニック食材を選び、それらを使用して料理を作ることが

健康と環境にも良いことだと考えています。

2001年のオープン後制限食をご用意して中で、

様々な理由で食事制限のある方とない方が共に食卓を囲み、

同じ皿数のコースを楽しんでいただくという方法はも、

御本人様、ご家族様、お仲間の方々にとって、とても貴重で素晴らしい時間だという事を実感して参りました。

 

すべての制限の方々が皆さんと安心して食事ができる

食卓こそが幸せな時間と関係を作っていくことを

知りました。

 

レストランだけでなく、ご家庭でも楽しんでいただける制限食専門のサイトをオープンいたします。

 

通販をスタートいたします。

 

全ての人が共に楽しめるテーブル

ビーガン、ラクト・オボベジタリアン、オリエンタルベジタリアンペスキタリアン、

マクロビオテックグルテンフリーなど各種アレルギー、

低糖質、減塩、低タンパク質、低カリウム、低プリン体などの制限のコース

Tavolo felice

幸せな食卓

ape cucina naturale by ciaobella

 

“自然な料理” cucina naturale
自然に育てられた食材は心にも身体にも
「美味しく」感じ,それは生命力の源となります。
自然栽培野菜や大切に育てられた牛や豚、質の高い
オリーブオイル、古代からの手法で作られた調味料。
それらの全てを「素材を生かす」ように丁寧に
つくりあげると、身体にすっと馴染む、
優しい味わいの料理が出来上がります。
これを「自然な料理」と考えています。
 
ape(アーペ)とは、イタリア語で蜜蜂の意

蜜蜂が花から花へ花粉を運び実を結ぶように、

生産者さんとお客様を結び、

オーガニック食材の本当の美味しさを多くの方に

広めていきたいと思っています。

オーガニックの普及は、尊敬する全ての生産者さんへの

応援であり、農薬や添加物の使用を減らすことにより、

皆さまの健康へ寄与し、延いては、

日本の食環境の改善につながればと願っています。
 

緑に囲まれた落ち着いた空間で

アーペは2016年8月に西麻布から東京大学駒場リサーチキャンパス内に移転いたしました。

キャンパス内には、国の登録有形文化財に

指定されている時計塔など、

この敷地が宇宙航空研究所だったころの趣のある

古い建物と、京都駅の設計でも知られる原広司氏による

近代的な建物とが、バランスよく共存しています。

天井が高く、一面ガラス張りの開放的な店内からは、

季節ごとに様々な表情を見せてくれる広場を

眺めることができ、心を和ませてくれます。

また、周辺には駒場公園(旧前田侯爵邸)や

日本民藝館もあり、食後のお散歩にはぴったりです。

駒場は大都会渋谷から2駅とはとても思えない、

自然豊かでゆったりとした空気が流れる場所です。

都会の喧騒を忘れ、

のんびりと過ごしたいという日のお食事に、

ぜひ大切なご家族やご友人とお出かけくださいませ。

島田伸幸  Che'f   Nobuyuki Shimada

栄養士、ソムリエ

2001年 六本木にcuisine nature(自然な料理)をテーマにした

オーガニックレストラン ciao bella(チャオベッラ)をオープン。
有機野菜や天然魚介、自然な環境で育てられたや肉類など

日本各地の厳選食材を揃え、水、ビネガー、オリーブオイルなどの

基本食材から全てをオーガニックに拘り、身体に優しい料理を

提供し続けるとともに「香と健康」をテーマにした

「アロマ&イタリア料理教室」や、「アンチエイジング」

「オーガニック」などをテーマにした食セミナーなど様々な

料理教室も手がける。
「低糖質」「減塩」「グルテンフリー」「低カロリー」等、

様々な食事制限のコースをスタート。

オーガニックレストラン、カフェのプロデュース。

2010年 「cuisine nature(自然な料理)」を出版 西麻布に移転
2015年 白金台に 「ORGANIC LAB CAFE CIAO BELLA WITH                GIROLOMONI」をオープン
2015年 店名を 「ape(アーペ)」に変更
2017年 「ape」を東京大学駒場リサーチキャンパスに移転

2017年「Bio cafe ape]をオープン

東京製菓学校、実践女子大学、新渡戸文化短期大学 臨時講師

ジーノ・ジロロモーニと

イタリア有機農業

ジーノ・ジロロモーニは1946年、イタリア、ペーサロ ウルビーノ県 イゾラ・デル・ピアーノに生まれ、1974年から一貫して有機農業に取り組んできました。故郷の過疎化に心を痛めたジーノは、1970年から1980年にかけてイゾラ・デル・ピアーノの村長を務め、この間に農民文化の研究や再評価に関する様々なプロジェクトを推進しました。

1977年には有機農業専門の農業協同組合を設立して代表者に就任。現在、農協の組合員数は150組を数え、そのほとんどが直接耕作を行う大規模な農業法人で、耕作面積は6000ヘクタールに及びます。

生産効率を過剰に追求した現代農業へのアンチテーゼとも言える原種小麦の栽培に力を入れる等、常に環境と人間の共生を重視した姿勢は高く評価され、パスタ類を中心とする高品質の製品は世界中に広く輸出されています。

 

1986年には、マルケ州有機農業者協会を仲間と共同で設立し、さらに1997年には地中海有機農業協会(AMAB)を設立、同協会には現在1万3千もの有機農業生産法人が加盟しています。

2014年の統計によると、イタリアでは全耕地面積の11%に当たる139万ヘクタールが有機農業面積となっており、これは世界第6位となります。

これ程までに有機栽培が普及するようになったのは、1990年代になってからの急成長によるものでありますが、これはAMABをはじめとする生産者団体の地道な活動の結果、EU等からの農業政策的支援が実現した事によるものでありました。

1980年代のイタリアではまだ有機農作物の認証制度が確立されておらず、違法な商品として取り締まりの対象になる事さえあったという事実を考えれば、ジーノの功績には計り知れないものがあると言えます。

イタリア有機農業の父と言えるジーノは、同時に3人の子供の父親でもあり、1975年以降、14世紀に建てられたモンテベッロ修道院に暮らしました。残念なことに2012年ジーノは急逝しましたが、組合メンバー達は彼の栄誉をたたえて農協の名称にその名を付してジーノ・ジロロモーニ農業協同組合となりました。そして、組合長にはジーノの次男ジョヴァンニ バチスタ・ジロロモーニが就任し、若きリーダーとして活躍しています。​

 

創健社HPより

28161416_950817161743767_909790177338661
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

ape cucina naturale

目黒区駒場4-6-1東大駒場リサーチキャンパス内

生研AN棟1F

03-5452-6092

最寄駅からのアクセス)

分かりにくい場所にございます。アクセス方法をよくご確認の上ご来店ください。電車でご来店の場合は、比較的分かりやすい駒場東大前駅(京王井の頭線)または東北沢駅(小田急線)のご利用をおすすめいたします。

info@ciaobella.jp

姉妹店 Organic Lab Cafe CIAO BELLA with Girolomoni
東京都港区白金台
(東京大学医科学研究所 近代医学記念館内)
アーペ島田シェフとジロロモーニ®のコラボカフェ。
美味しさだけではなく、私たちの日々の健康、環境への影響も含め、食に関わるすべてのコトを考える「おいしさ研究室(ラボ)」です。

オンラインショップ ape online store
イタリア有機農業の先駆者ジーノ・ジロロモーニの名を冠した有機食材ブランド、ジロロモーニ®の商品を販売しています。

 

© Copyright 2020 - All Rights Reserved